【自動車】スバルが新型「XV」改め「クロストレック」を世界初公開

【自動車】スバルが新型「XV」改め「クロストレック」を世界初公開

【自動車】スバルが新型「XV」改め「クロストレック」を世界初公開

SUBARU (自動車) (スバル自動車からのリダイレクト)
スバル←函館スバル自動車+室苫スバル自動車+札幌スバル自動車、東京スバル←中央スバル自動車+東京スバル自動車、福岡スバル←福岡スバル自動車+北九州スバル自動車など)のほかに、主に個人が経営する独立店舗をサブディーラーとして扱う「スバルショップ」(旧称・スバル
61キロバイト (8,584 語) – 2022年9月16日 (金) 09:03

1 自治郎 ★ :2022/09/15(木) 22:07:05.38ID:KcMBrgvI9

スバルは2022年9月15日、新型「クロストレック」を世界初公開した。

■サイズはそのまま正常進化

クロストレックは、これまで国内では「XV」として扱われてきたクロスオーバーSUV。グローバルで車名が統一されることになった新型は、クロストレックとしては3世代目にあたり、従来の個性的なデザインをさらに際立たせ、動的質感にも一段と磨きをかけたとうたわれている。

ボディーサイズ(シャークフィンアンテナおよびルーフレール含む)は全長×全幅×全高=4480×1800×1580mmで、先代のスリーサイズ(同4485×1800×1595mm)とほぼ同じ。ホイールベースは2670mmで同一となっている。

外観上は、ボンネットフードの位置を高めにとることでたくましさを表現。先代よりもアグレッシブな形状のプロテクター類で躍動感も強調されている。ボディーカラーは新色「オフショアブルー・メタリック」「オアシスブルー」を含む全9色が選べる。

一方インテリアは、最新の「レヴォーグ」や「WRX S4」にも採用された11.6 インチセンターインフォメーションディスプレイを搭載。スマートフォンとシームレスにリンクさせて使えるインフォテインメントシステムを実現したとアピールされる。

デザイン面では、マルチマテリアルの多層構造としたインストゥルメントパネルや、リアゲートおよびサイドシル部に見られる「山をモチーフにしたエンボス加工」が特徴。人間工学に基づくインナードアハンドルや、医学的な知見を採り入れて設計したシートなどにより、快適性の向上も追求されている。

なおシートの仕立てについては、上級グレードにはシルバーステッチ入りのファブリックが、標準グレードには同じくシルバーステッチの施されたトリコットがあてがわれ、オプションとして本革仕様も用意される。

■安全性能の向上もポイント

目に見えない部分では「スバルグローバルプラットフォーム」をさらに進化させ、スバルの他モデルにも使われているフルインナーフレーム構造を採用したほか、構造用接着剤の適用範囲拡大やサスペンション取り付け部の剛性向上なども実施。動的質感の向上が追求された。

そのほか、シートの車体への取り付け方法を、…

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

2022.09.15
https://www.webcg.net/articles/-/46981

続きを読む

続きを見る

社畜ゲーマー速報カテゴリの最新記事